タグ: 自主的

しっかりと相続税の申告と納税の仕方を知ろう

相続税の申告と納税の期限は、被相続人の死亡後10か月以内とされています

「相続人は被相続人の死亡後10か月以内に申告書を提出して、税金を支払わなければならない」申告と納税の期限について相続税の申告と納税の期限は、被相続人の死亡後10か月以内とされています

申告書を提出しなければならない人・・・・・・
同一の被相続人から財産をもらった人が2人以上いる場合は、個々に申告書を提出するのではなく、全員が共同で提出します。納税する必要のある人だけが申告書を提出。ただし、配偶者の税額軽減や、事業用
・居住用土地の評価減の適用によって相続税額が0となった人は、納税する必要がなくても、申告書を提出。

申告書の提出先・・・・・・・
申告書の提出先は、被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署

納税の方法・・・・・・
住所、氏名、税額、申告先の税務署名等を記入。金融機関または税務署で納税します。

申告や納税をしなかった場合・・・・・
相続税額の15%の無申告加算税(悪質なときは40%の重加算税)税務調査のある前に自主的に申告したときは5%。

少なく申告した場合・・・・・
追徴税額の10%または15%の過少申告加算税(悪質なときは35%の重加算税になることもある)自主的に修正申告したときは加算税はありません。期限までに納税しなかった場合は、未納の税額に対して期限から2か月以内は年7.3%、その後は年14.6%の延滞税。

電車なら横浜が便利なので相続の相談に行きやすい
税務調査により修正申告する場合は、隠していた財産については、配偶者の税額軽減の対象とならない。相続税では、分割払いの延納や、現金以外の物で支払う物納が認められます。
www.souzoku-shien.net/