タグ: 平等

わけのわからん相続のときの遺言の決まりもあるもんだ

相続の遺言者は、遺言により包括又は特定の名義でその財産の全部又は一部を事由に処分する事ができます。

遺言者は、遺言により包括又は特定の名義でその財産の全部又は一部を事由に処分する事ができます。

第九百八十五条   【 遺言の効力発生時期 】
第一項 遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。
第二項 遺言に停止条件を附した場合において、その条件が遺言者の死亡後に成就したときは、遺言は、条件が成就した時からその効力を生ずる。

第九百八十六条   【 遺贈の放棄 】
第一項 受遺者は、遺言者の死亡後、何時でも、遺贈の放棄をすることができる。
第二項 遺贈の放棄は、遺言者の死亡の時にさかのぼつてその効力を生ずる。

第九百八十七条   【 利害関係人の催告権 】
遺贈義務者その他の利害関係人は、相当の期間を定め、その期間内に遺贈の承認又は放棄をすべき旨を受遺者に催告することができる。若し、受遺者がその期間内に遺贈義務者に対してその意思を表示しないときは、遺贈を承認したものとみなす。

昔は長男の単独相続が当たり前のような時代でしたが戦後は平等の教育が当たり前になりつつあり、平等な遺産分割を主張する人も多くなってきました。何が平等かというと難しいこともありますが、現在では土地の価格も上がり、話し合いに対してもなかなかまとまらないケースが増えています。最近は親と子供が遠く離れて暮らすことも増えているため状況も変化していることは事実でしょう。
普段のコミュニケーションも少ないことがあり、家族の共通意識が無い中で相続争いがおこることも普通になってしまっているのです。

横浜に相続の無料相談センターができたんだ
相続のもめごとが増えている理由としては、相続人の意識に変化が出てきたことがあげられます。
www.souzoku-shien.net/