相続財産を受け入れるかどうかは相続人の自由です

相続の承認には二つの方法があります。
1つは、被相続人の財産を債務を含めて、無条件、無制限に相続することを承認する場合で、

これを単純承認といいます。一般に「相続する」といっているのは、単純承認のことです。

単純承認した場合には、被相続人の権利義務をすべて引き継ぐことになります。
たとえマイナス財産であっても相続分の割合に応じて責任を負うことになるので
相続人に返済義務が生じることになります。

一方、相続によって得た財産の範囲内で被相続人の債務を負担する、という条件付きの
相続を限定承認といいます。
積極財産の方が多いか、債務の方が多いかよくわからないときは、限定承認をするほうが
安全です。

限定承認においては、相続人は被相続人が残した借金の返済について不足分があっても
自分の財産から支払う義務はありません。

ただ、限定承認の場合も、相続債務はいったん全部引き継ぎます。
債務を引き継がない相続放棄とはは違い、返済義務や強制執行が限定されるのです。

限定承認は、相続人全員が一致しておこなわなければなりません。
1人でも「単純承認」だという人いる場合は他の人も限定承認できません。
相続人の中に相続放棄をした人がいる場合は、その人を除く全員が合意すれば
限定承認できます。

«
»
 

トラックバックURL