手続は遺言で厄介になることも相続によってはある

法定相続人については、民法によって細分に定められており、法によって定められた相続を「法定相続」といいます。被相続人相続される者の死亡によって相続は、開始されます。しかし、すべての家庭の事情にこの法律を当てはめられるるとは、限りません。こんなときに遺言が有効になります。それは家庭の事情を含めて、このような法定相続を遺言者によって変更できるからです。

遺言は、その効力によって家庭の実情にあった相続財産の分配が行うことが可能です。もめごとをおこさないようにするには、相続は遺言によってされることが望ましいといえるでしょう。家族が自分亡き後、相続で争いをすることは、被相続人も悲しいですね。そのために円滑な相続のための遺言が必要となってくるのです。争いを防ぐため、民法は遺言の要件を定めています。

1 全文が自筆である・・・・・用紙や使用する文字は自由です。しかし、全文を自分で書くことが必要です。ワープロやバソコンでの作成は無効となります。受遺者の氏名や不動産の所在地・地番・家屋番号は正確に書く必要があります。不動産の所在地・地番・家屋番号は登記簿や固定資産税納通知書など確認して書きましょう。

2 署名がある・・・・・遺言者との同一性が示せれば、芸名でも認められています。

3 押印がある・・・・・サインは無効。署名の直ぐ後に押印します。4 日付がある・・・・・年月日を用います。たとえば2通の遺言書が発見され、内容に矛盾する部分があった場合は、日付の新しい遺言書の内容が有効とされます。

こんな親切な相続のプロが横浜にいただね
家族で相続の精神的負担を乗り切ろうと色々調べたら相続手続支援センターにであったんだ。私は運がいい人間だと思ったよ。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む