事情があると相続税でおさめた税金の還付がある

被相続人の死亡(相続開始)→ 10か月以内に遺産分割成立する

→ 特例を利用して相続税の申告書提出と納税(終了)・・・・・できない場合は以下の手続きへ

→特定の適用無しで相続税の申告と納税をする

→3年以内で遺産分割成立
→特例を適用して相続税の申告書提出、または更正
・・・・・・・できなかったとしたら以下の手続きへ
→その後遺産分割が成立しても、特例を適用すること、また相続税の申告書提出、更正の請求はできない。

一般的に申告期限から3年以内に分割できれば更正の請求ができます。

反対に申告期限までに財産が未分割の場合、未分割で相続税を計算し、申告書を提出、納税します。
その後成立して分割が確定した時点で再度特例を適用した相続税を計算し、
多く支払われた相続税の還付を受けることができます。

税金の還付
税金を戻す手続き・・・更正の請求

申告期限までに財産が未分割の場合、
未分割で相続税を計算し、申告書を提出、納税します。
その後成立して分割が確定した時点で再度特例を適用した相続税を計算し、
多く支払われた相続税の還付を受けることができます。

・・・・・・・ただし相続税法上原則として当初の申告書の提出~3年以内と定められています。

やむをえない事情により税務署長の承認があれば(裁判になったなど)分割できることになった
日の翌日から4カ月以内の分割で特例措置を適用することが可能です。

相続争いは、長引かないに越したことはなく円滑に3年以内といわず10か月以内にきちんとすませて
しまいたいものです。

税金の申告は相続の専門家に任せなさい
成立して分割が確定した時点で再度特例を適用した相続税を計算し、多く支払われた相続税の還付を受けることができます。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む