あなたが相続する財産の価格はどうですか

相続財産の価格はどのようにして決められるのかご存知ですか?
相続税の計算をする財産の価額とは、その財産の時価を指します。

課税上の客観的根拠のトラブル回避のために、「相続税
評価基本通達」という指標により、相続税評価額計算の
バランスを取ろうということになっています。

預貯金は現金化できる額、株式取引相場と判断の基準がありますが
土地の判断は時価による評価が難しいものです。

土地に関しては国の調査による土地価格の基準である
皆さんもニュースなどで見たことがあるかもしれませんが、
「公示価格」の80%の価格に批准した路面価方式と
呼ばれるもの、または倍率方式で計算がおこなわれることになっています。

相続税は全資産、負債、生命保険金、葬祭費、法定相続人数(配偶者がいるか)が分からなければ計算できません。

土地の評価は路線価で計算し、建物は固定資産税評価額で
計算します。
簡単に言うと土地の評価額は、接する道路に書かれている数字
(路線価)(千円単位)に面積を掛けます。

土地、建物限ってならば、不動産の登記事項証明書
(登記簿謄本)、公図、
あれば測量図それと家屋の「固定資産評価証明書」
(市区町村役場発行)は必要です。

資産は現金以外は評価しなければいけません。

非課税財産として「墓所、仏壇、祭具など」
生前に被相続人
(なくなった方)が購入されていて、モノとして
残っていた場合です。
なくなられた後に相続人(遺族)がこれらのモノを
購入しても非課税にはなりません。

なにせ相続手続きセンターは横浜で一番だと断言する
相続税の計算は、被相続人のすべての資産、債務等の評価計算が終わらなければ概算金額すら計算できません。
www.souzoku-shien.net/

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む