カテゴリー: 無意識の内に相続のことがわかる

相続財産を受けいれるかどうかは相続人の自由です

相続の承認には単純承認と限定承認があります。相続によって得た財産の範囲内で被相続人の債務を 負担するという条件付きの相続を限定承認といいます。

相続財産には積極財産と消極財産、言い換えればプラスの財産と
マイナスの財産があります。
“相続財産を受けいれるかどうかは相続人の自由です”の詳細は »

相続財産を受け入れるかどうかは相続人の自由です

相続財産には積極財産と消極財産、言い換えればプラスの財産とマイナスの財産があります。 わかりやすくいえば、土地や金や宝石という実のある権利と、借金とで構成されています。

相続の承認には二つの方法があります。
1つは、被相続人の財産を債務を含めて、無条件、無制限に相続することを承認する場合で、
“相続財産を受け入れるかどうかは相続人の自由です”の詳細は »

なんだろう数次相続っての巻きですよ

とにかく、数次相続が発生すると、相続関係がややこしくなり、手続きが大変になり、精神的にも疲れます。

人が亡くなると相続が開始されます。
「相続人」が「被相続人(亡くなった人)」の財産を引き継ぐのですが,
相続人数人で,どうやって財産を分けるか決まらないうちに,その中の相続人が亡くなり,
最初の相続(一次相続)手続きが無事終了しないうちに,次の相続(二次相続)が開始されてしまったというケースを、『数次相続』といいます。
“なんだろう数次相続っての巻きですよ”の詳細は »

手続は遺言で厄介になることも相続によってはある

相続では、矛盾する部分があった場合は、日付の新しい遺言書の内容が有効とされます。

法定相続人については、民法によって細分に定められており、法によって定められた相続を「法定相続」といいます。被相続人相続される者の死亡によって相続は、開始されます。しかし、すべての家庭の事情にこの法律を当てはめられるるとは、限りません。こんなときに遺言が有効になります。それは家庭の事情を含めて、このような法定相続を遺言者によって変更できるからです。

遺言は、その効力によって家庭の実情にあった相続財産の分配が行うことが可能です。もめごとをおこさないようにするには、相続は遺言によってされることが望ましいといえるでしょう。家族が自分亡き後、相続で争いをすることは、被相続人も悲しいですね。そのために円滑な相続のための遺言が必要となってくるのです。争いを防ぐため、民法は遺言の要件を定めています。

1 全文が自筆である・・・・・用紙や使用する文字は自由です。しかし、全文を自分で書くことが必要です。ワープロやバソコンでの作成は無効となります。受遺者の氏名や不動産の所在地・地番・家屋番号は正確に書く必要があります。不動産の所在地・地番・家屋番号は登記簿や固定資産税納通知書など確認して書きましょう。

2 署名がある・・・・・遺言者との同一性が示せれば、芸名でも認められています。

3 押印がある・・・・・サインは無効。署名の直ぐ後に押印します。4 日付がある・・・・・年月日を用います。たとえば2通の遺言書が発見され、内容に矛盾する部分があった場合は、日付の新しい遺言書の内容が有効とされます。

こんな親切な相続のプロが横浜にいただね
家族で相続の精神的負担を乗り切ろうと色々調べたら相続手続支援センターにであったんだ。私は運がいい人間だと思ったよ。
www.souzoku-shien.net/

事情があると相続税でおさめた税金の還付がある

申告期限までに財産が未分割の場合、未分割で相続税を計算し、申告書を提出、納税します。

被相続人の死亡(相続開始)→ 10か月以内に遺産分割成立する

→ 特例を利用して相続税の申告書提出と納税(終了)・・・・・できない場合は以下の手続きへ

→特定の適用無しで相続税の申告と納税をする
“事情があると相続税でおさめた税金の還付がある”の詳細は »

あなたが相続する財産の価格はどうですか

相続の預貯金は現金化できる額、株式取引相場と判断の基準がありますが土地の判断は時価による評価が難しいものです

相続財産の価格はどのようにして決められるのかご存知ですか?
相続税の計算をする財産の価額とは、その財産の時価を指します。

課税上の客観的根拠のトラブル回避のために、「相続税
評価基本通達」という指標により、相続税評価額計算の
バランスを取ろうということになっています。
“あなたが相続する財産の価格はどうですか”の詳細は »

2次相続と配偶者の特例は使い方に要注意だ

子がない場合でも夫が死亡すれば妻は相続権があります。被相続人に子がいない場合、配偶者以外の相続人は、被相続人の親であり、親もいなければ兄弟姉妹です。

配偶者の固有財産が多い場合には
配偶者が相続しないようにしたり、貸家などの
収益物件の場合も配偶者が相続しないようにする、
また資産価値が変わりそうな土地なども配偶者が
相続しないようにする、配偶者が相続する預貯金は
生前寄与として若い世代に移行するなどの
対策が必要となります。
“2次相続と配偶者の特例は使い方に要注意だ”の詳細は »

相続と遺言状の作成について

相続の時に、あなたの意思をきちんと伝える為にも、遺言はきちんと作成しておきましょう

遺言は争い防止にももちろん役立ちますが、
次のような場合にも有効な効力を発揮します。
“相続と遺言状の作成について”の詳細は »