あなたが相続する財産の価格はどうですか

相続の預貯金は現金化できる額、株式取引相場と判断の基準がありますが土地の判断は時価による評価が難しいものです

相続財産の価格はどのようにして決められるのかご存知ですか?
相続税の計算をする財産の価額とは、その財産の時価を指します。

課税上の客観的根拠のトラブル回避のために、「相続税
評価基本通達」という指標により、相続税評価額計算の
バランスを取ろうということになっています。
“あなたが相続する財産の価格はどうですか”の詳細は »

相続で孫を養子とした場合は決まっている

相続の養子は法律上、実子と同様の社会的地位があり1親等の血族とみなされます

孫を養子とした場合は?

自分の孫(2親等)を養子に迎え、法的に自分の子供(1親等)にした場合、上記の理論ではこの2割からはずれることになります。養子は法律上、実子と同様の社会的地位があり1親等の血族とみなされるからです。従来から相続税対策の一環として、孫を養子縁組することがよく行われてきました。その狙いとしては、①基礎控除が増えること ②法定相続分分散による累進課税の緩和 ③一代飛ばして相続することによる相続税負担の軽減などです。
“相続で孫を養子とした場合は決まっている”の詳細は »

2次相続と配偶者の特例は使い方に要注意だ

子がない場合でも夫が死亡すれば妻は相続権があります。被相続人に子がいない場合、配偶者以外の相続人は、被相続人の親であり、親もいなければ兄弟姉妹です。

配偶者の固有財産が多い場合には
配偶者が相続しないようにしたり、貸家などの
収益物件の場合も配偶者が相続しないようにする、
また資産価値が変わりそうな土地なども配偶者が
相続しないようにする、配偶者が相続する預貯金は
生前寄与として若い世代に移行するなどの
対策が必要となります。
“2次相続と配偶者の特例は使い方に要注意だ”の詳細は »

相続と遺言状の作成について

相続の時に、あなたの意思をきちんと伝える為にも、遺言はきちんと作成しておきましょう

遺言は争い防止にももちろん役立ちますが、
次のような場合にも有効な効力を発揮します。
“相続と遺言状の作成について”の詳細は »

最新の記事 »