相続で孫を養子とした場合は決まっている

孫を養子とした場合は?

自分の孫(2親等)を養子に迎え、法的に自分の子供(1親等)にした場合、上記の理論ではこの2割からはずれることになります。養子は法律上、実子と同様の社会的地位があり1親等の血族とみなされるからです。従来から相続税対策の一環として、孫を養子縁組することがよく行われてきました。その狙いとしては、①基礎控除が増えること ②法定相続分分散による累進課税の緩和 ③一代飛ばして相続することによる相続税負担の軽減などです。

このことをまとめると、以下のようになります。

1. 被相続人の孫→被相続人の養子でない→2割加算

2. 被相続人の孫→被相続人の養子である→被相続人の代襲相続人でない→2割加算

3. 被相続人の孫→被相続人の養子である→被相続人の代襲相続人である→2割加算なし

 

なにせ相続手続きセンターは横浜で一番だと断言する
平成15年の税制改正によって、孫を養子にした場合は、飛び越し相続とみなされ2割加算の対象となってしまいました。この法律は平成15年4月1日以降開始される相続からの適用となっています。
www.souzoku-shien.net/legacy/

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む