カテゴリー: 戸籍をとって現状の把握

戸籍謄本が必要なときってどういうケースだ

相続が発生した場合、亡くなられた方の戸籍謄本(除籍全部事項証明書といいます)が必要ですが、それだけではありません。 亡くなられた方の出生から死亡までのすべての戸籍類が必要となります。

普段生活をする上で、『戸籍』を意識することはあまりないかと思います。

一般的に私たちが戸籍謄本(や戸籍抄本)を必要とするのは、婚姻の届け出をするときや、パスポートを取得するための手続きのときなどですね。

そのためめったにお目にかかる機会がなく、戸籍謄本が必要となった場合、どこで交付されるのか、どうやって申請するのか、など、迷われるかもしれません。
“戸籍謄本が必要なときってどういうケースだ”の詳細は »

何が相続遺産の種類として入ってくるのか整理する

相続というとプラスの財産を引き継ぐイメージが先行しますが、実は借金も相続なんです。

相続財産はパッと思い浮かぶのが「プラスになる財産」であるように思えますが実は借金
相続財産はパッと思い浮かぶのが「プラスになる財産」であるように思えますが実は借金などの「マイナス」財産も引き継ぐことになりますから財産の内容には注意が必要です。
そのため引き継ぎたくない相続は「放棄」の権利が与えられています。
このほか相続財産の種類にはどんなものがあるのか見ていきましょう。

(プラスになる財産)

土地
田(耕作権および永小作権を含む。)
畑(耕作権および永小作権を含む。)
宅地(借地権を含む。)
山林

その他の土地
家屋、構築物事業(農業)用財産
機械器具、農耕具、じゅう器、備品
商品、製品、半製品、原材料、農産物等

売掛金
その他の財産
有価証券
特定同族会社の株式及び出資
同上以外の株式及び出資
公債及び社債

投資・貸付信託受益証券
現金、預貯金等

家庭用財産

その他の財産
生命保険金等
退職金及び功労金等

立木

(マイナスになる財産関連)
債務

葬式費用
差引純資産価額
加算贈与財産価額
課税価格

(非課税となる財産)
祭祀関係 墓地、墓碑、仏壇、仏具、神棚、祭具

葬儀関係 香典、花輪代、弔慰金
生命保険金 相続人が受け取った金額のうち(500万円×法定相続人の人数)は非課税
死亡退職金 相続人が受け取った金額のうち(500万円×法定相続人の人数)は非課税

寄付 国、地方公共団体、公益団体へ寄付した財産公益事業財産 宗教、慈善、学術団体などの公益事業を行った人が受け取った公益事業財産
心身障害受給権 心身障害者共済制度に基づく給付金の受給権

横浜は観光でなく相続の相談の名所に感じる
生命保険で相続税の対策って、国の景気刺激のための政策なんだろうね。でも、それで多くの方が喜ぶのなら、それでもいいのかもね。
www.souzoku-shien.net/

事情があると相続税でおさめた税金の還付がある

申告期限までに財産が未分割の場合、未分割で相続税を計算し、申告書を提出、納税します。

被相続人の死亡(相続開始)→ 10か月以内に遺産分割成立する

→ 特例を利用して相続税の申告書提出と納税(終了)・・・・・できない場合は以下の手続きへ

→特定の適用無しで相続税の申告と納税をする
“事情があると相続税でおさめた税金の還付がある”の詳細は »

相続で孫を養子とした場合は決まっている

相続の養子は法律上、実子と同様の社会的地位があり1親等の血族とみなされます

孫を養子とした場合は?

自分の孫(2親等)を養子に迎え、法的に自分の子供(1親等)にした場合、上記の理論ではこの2割からはずれることになります。養子は法律上、実子と同様の社会的地位があり1親等の血族とみなされるからです。従来から相続税対策の一環として、孫を養子縁組することがよく行われてきました。その狙いとしては、①基礎控除が増えること ②法定相続分分散による累進課税の緩和 ③一代飛ばして相続することによる相続税負担の軽減などです。
“相続で孫を養子とした場合は決まっている”の詳細は »