カテゴリー: 日本に独特の制度

やらないとお金を払うことになるのが相続の検認の手続き

相続で仮に検認を受けなかったからといっても、遺言書がすべて無効となるわけではありません。

第九百六十八条   【 自筆証書遺言 】

第一項 自筆証書によつて遺言をするには、遺言者が、その全文、日附及び氏名を自書し、これに印をおさなければならない。
“やらないとお金を払うことになるのが相続の検認の手続き”の詳細は »

わけのわからん相続のときの遺言の決まりもあるもんだ

相続の遺言者は、遺言により包括又は特定の名義でその財産の全部又は一部を事由に処分する事ができます。

遺言者は、遺言により包括又は特定の名義でその財産の全部又は一部を事由に処分する事ができます。

第九百八十五条   【 遺言の効力発生時期 】
第一項 遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生ずる。
第二項 遺言に停止条件を附した場合において、その条件が遺言者の死亡後に成就したときは、遺言は、条件が成就した時からその効力を生ずる。

第九百八十六条   【 遺贈の放棄 】
第一項 受遺者は、遺言者の死亡後、何時でも、遺贈の放棄をすることができる。
第二項 遺贈の放棄は、遺言者の死亡の時にさかのぼつてその効力を生ずる。

第九百八十七条   【 利害関係人の催告権 】
遺贈義務者その他の利害関係人は、相当の期間を定め、その期間内に遺贈の承認又は放棄をすべき旨を受遺者に催告することができる。若し、受遺者がその期間内に遺贈義務者に対してその意思を表示しないときは、遺贈を承認したものとみなす。

昔は長男の単独相続が当たり前のような時代でしたが戦後は平等の教育が当たり前になりつつあり、平等な遺産分割を主張する人も多くなってきました。何が平等かというと難しいこともありますが、現在では土地の価格も上がり、話し合いに対してもなかなかまとまらないケースが増えています。最近は親と子供が遠く離れて暮らすことも増えているため状況も変化していることは事実でしょう。
普段のコミュニケーションも少ないことがあり、家族の共通意識が無い中で相続争いがおこることも普通になってしまっているのです。

横浜に相続の無料相談センターができたんだ
相続のもめごとが増えている理由としては、相続人の意識に変化が出てきたことがあげられます。
www.souzoku-shien.net/

しっかりと相続税の申告と納税の仕方を知ろう

相続税の申告と納税の期限は、被相続人の死亡後10か月以内とされています

「相続人は被相続人の死亡後10か月以内に申告書を提出して、税金を支払わなければならない」申告と納税の期限について相続税の申告と納税の期限は、被相続人の死亡後10か月以内とされています

申告書を提出しなければならない人・・・・・・
同一の被相続人から財産をもらった人が2人以上いる場合は、個々に申告書を提出するのではなく、全員が共同で提出します。納税する必要のある人だけが申告書を提出。ただし、配偶者の税額軽減や、事業用
・居住用土地の評価減の適用によって相続税額が0となった人は、納税する必要がなくても、申告書を提出。

申告書の提出先・・・・・・・
申告書の提出先は、被相続人の死亡時の住所地を所轄する税務署

納税の方法・・・・・・
住所、氏名、税額、申告先の税務署名等を記入。金融機関または税務署で納税します。

申告や納税をしなかった場合・・・・・
相続税額の15%の無申告加算税(悪質なときは40%の重加算税)税務調査のある前に自主的に申告したときは5%。

少なく申告した場合・・・・・
追徴税額の10%または15%の過少申告加算税(悪質なときは35%の重加算税になることもある)自主的に修正申告したときは加算税はありません。期限までに納税しなかった場合は、未納の税額に対して期限から2か月以内は年7.3%、その後は年14.6%の延滞税。

電車なら横浜が便利なので相続の相談に行きやすい
税務調査により修正申告する場合は、隠していた財産については、配偶者の税額軽減の対象とならない。相続税では、分割払いの延納や、現金以外の物で支払う物納が認められます。
www.souzoku-shien.net/